2005年12月04日

赤岡の縁結び。


久しぶりに「どんと」を聞いた。
どういうわけかどんとを聞くと癒される。
大好きだ。


今年も、毎年恒例、赤岡・冬の夏祭りが開催された。
はじめはフリーマーケットから始まったこの祭りも、今年で11回目。
年々グレードアップを重ね、今では地元の商店はもちろん
県内外でものを作る人たちがお店を並べるようになった。
出店者、来るお客さんともリピーターが多く、半ば同窓会のようでもある。

・・・

昨日、祭りを歩いたとき、「むかごや」さんを発見した。
鴨部に住んでいたとき、短い間だが通い染めたパンやさん。
ただでさえ入り組んでいる鴨部のあたりで、
何の案内もない細い路地の突き当たりにあった。
宣伝もしていなかったし、民家の裏口からは入る感じだったので、
かなり隠れ家的なパンやさんだった。
私自身、2年前の冬の夏祭りでその存在を知ったのだが、
あまりにも近所でありながら全く気づいていなかったことを大層悔やんだものだ。
そのパンやさんは、数ヶ月のち、引っ越してしまった。

むかごやさんのパンは、ひと噛みの幸せである。
昨日、久々に黒米入りのベーグルを食べたとき、
通っていた当時も同じく感じた特別な幸福感に襲われた。
何がそうさせるのかはよくわからないのだけど、
ごちゃごちゃ考えていることが馬鹿らしくなるくらいシンプルで芯の通った味で、
普段だったらもぐもぐ食べるところが、
どうしたって、ひと噛み、またひと噛み、なのだ。
いつの間にかそのひと噛みに集中させられて、
それと同時になぜかすごく反省させられる。
なんとなく、ごめんなさい、と思う。

いろんなものに取り巻かれて生きているから、
どうしたって大事なことが見えなくなったりするのだ。
一人、パンと会話。
でも最後はやっぱり、「うまかった!」
どうしたって「うまい」が基本。

・・・

いい祭りだなと思う。
もちろん、続けていくうちに生まれるたくさんの問題点やしんどさはあるとはいえ。
単純に考えて、これだけのリピーターがいる祭りも珍しい。
出店者のリピーターが多いから、自然とそれを求めてくるお客さんのリピーターも多い。
そして出来上がる「冬夏カラー」。
私自身、いつの間にか今年で4回目の「リピーター」。



毎回何かしらの出会いがあり、
おかげさまでなぜか赤岡に住み着くことになってしまったのだが、
今年もよいご縁がまた一つ。
ある作家のおじいちゃんと松山でデートのお約束。
去年買いそびれた作品を、
松山のあるカフェで受け取ることに。
そのおじいちゃんの行き着けであり、
私が松山時代に愛したカフェ。


縁のつながる町、赤岡。
今年も一つ、また一つ。




posted by F at 23:32 | 高知 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 高知の文化基地探検。

2005年09月22日

無益な一日の有益。
そのBタオは三歳になりました。


牧野のカフェで植草甚一を読んだあと、赤岡へ帰る。
今日は「道(タオ)」三歳の誕生日だ。
posted by F at 23:20 | 高知 ☀ | Comment(5) | TrackBack(3) | 高知の文化基地探検。

無益な一日の有益。
そのA牧野へ。


私は牧野植物園があるから高知に来たようなもんだ。
posted by F at 23:07 | 高知 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 高知の文化基地探検。

無益な一日の有益。
その@クレオールとカレーと音楽。


どうにもこうにも頭が回転せず、朝から無益な片付けを続けていた。段取りの悪い掃除ほど無益なものはない。何かやってる最中に別のことが気になってしまう。何のイメージも湧かないときにこんなことをしても仕方ないと、お昼前にはあきらめて出かけることにした。髪でも切るか。
posted by F at 21:33 | 高知 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 高知の文化基地探検。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。