2005年09月13日

今日の反省。

うーん、無力感。自民党圧勝。
自民党勝利はともかく、これだけの圧勝ということがショックだったし、なんだか怖い。
突き詰めて知ろうとしない有権者はまさに扇動報道の餌食になるのだなぁと、今回の選挙ではまざまざと見せ付けられた気がする。小泉さんは、なんにも言ってなかったけど、選挙の手法は天才的だった。

選挙というのはまさに手法なのだね。中身うんぬん以上に。

今回は、これまでの執政への審判や改革が急がれるほかの問題を「郵政民営化、イエスかノーか」という二元論にうまくすり替えていた。うーん、ブッシュと一緒。「われわれにつくか、テロリストにつくか」。決して二元論で語れる問題ではないことを誰もが知ってるはずなのに。でもブッシュは勝った。小泉も勝った。そしてその結果を選んだのは国民。

一方的な情報の垂れ流し、それがテレビの怖さ。単純明快な二元論に、ワンフレーズの繰り返し。ある種のミニマリズム?繰り返すことの気持ちよさを狙ったある種の洗脳作戦だ。。そりゃ、判断を迫られたときに、判断基準が明確であればこちらの労は少なくてすむ。そういう意味では、小泉さんは一見明確だったし、今回の民主党はその手法が劣っていたといわざるをえない。そもそも現代の政治がわかりやすいわけがない。それを国民にわかるように伝えるのが政治家のお仕事の一つでもある。でも、政治がわからない人を利用するのはどうかと思う。

「わからないでしょう、だからわかりやすいように、ほら。」これでうまいように操作されたんじゃたまらない。でも、仕組まれた欺瞞を見抜くのは有権者のお仕事だ。だから投票できるのだから。権利があり、その権利を使う以上義務なのだから。

情報は、どれ一つとっても一面的でしかない。全体像を把握してこそ、その情報の価値があるってものだけど、全体像を把握するための情報収集能力と、垂れ流しの情報の的確な取捨選択能力は、情報垂れ流し社会においてはなかなか修行のいるスキルなのかもしれない。でも、今の時代にもっとも必要なスキルだよなぁ。

情報格差が収入格差、生活格差に繋がる今の時代。それがいいのかは置いといて。


今日久々にコンビニで日経新聞を買って読んだけど、ああ、やっぱり、経済界は与党続投が好ましいのだね。まあゆうても今日の新聞しか見てないけども。

自分自身が、今回の選挙を含め、今の政治を一面的にしか見れてないことを実感しつつ、これではいかんなぁとさすがに思わされた今回の選挙。せめて、4年後の審判には自分の視座で時勢にあったものの言いようができるようにせないかんにゃぁと、反省たっぷりの一日。

posted by F at 01:18 | 高知 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ただのつれづれ
この記事へのコメント
Carr
Posted by Irwin at 2005年12月23日 16:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6857575

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。