2007年01月17日

羊かん

もうすぐ高知を出てしまう友人がおりまして、
どこか行っておきたいところはないかと聞くと、
「牧野植物園」と。

なんと!高知におって行ったことがないと!?
そりゃいかん。

というわけで最後のデートは牧野でランチに決まりました。


牧野植物園は一年間のパスが非常にオトクです。
入館料が500円、パスが2000円なので、
なんと4回行くだけでもとが取れてしまうのです。
牧野好きにはなんともうれしいシステム。

牧野はうれしいことがなかなか多い場所ではありますが、
その一つが牧野のミュージアムショップ。
周知の通り、置いているもののチョイスの良さがとても心地よいところ。
書籍、文具、お菓子、お茶に加え、
自然に関係するグッズ(布の袋や和紙もの、木を使ったおもちゃなど)などなど。

毎回覗いてはクッキーを買って帰るのですが、
昨日目に留まったのは「羊かん」。
12月に行ったときにはなかったと思うので、
新商品か、ただ私が見落としていたのか。

牧野博士も好んだという「百合羊かん」と「山桃羊かん」。
牧野オリジナルのお茶とのセット売りもありました。
なかなかパッケージもかわいらしく、手に取ったのは
友人が「百合羊かん」、私が「山桃羊かん」です。


どんなかというと、
こんなの。

_yamamomo.jpg

これは石けんサイズの小さいバージョンで500円。
よくある棒状の羊羹と同じサイズのものが確か千円くらい。
こんなのをお土産にもらうとうれしいです。




食べてみました。

yokan.jpg

これは山桃羊かんです。
友人の報告によると
「百合羊かん甘過ぎずおいしかった〜」とのことですが、
そのコメントから想像するよりはこちらは甘かったかなぁ。
味覚というのはいろいろです。
珈琲と一緒にいただきましたが、
珈琲というよりは、やはりお茶と合わせたいお味でした。

私にとってはちょっと甘めだったので、
小さめに切って、紅茶と一緒にちょっとずついただくのが
私にとってのおいしいいただき方かなぁ。
と思うと、やはりあの牧野オリジナル紅茶と合わせて食べてみたいなぁと思ってしまうので、牧野はやはしうまいなぁと、ちょっとしてやられた感が湧いてくるのです。


posted by F at 11:51 | 高知 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ。
この記事へのコメント
はじめまして。羊羹すげえうまそうです。
Posted by かたつむり at 2007年01月17日 23:04
はじめまして。
羊羹うまいです。
写真よりもうちょっとだけピンクっぽい色をしています。
かたつむりさんが高知の方なら
ぜひお試しくださいませ。
私の次回の挑戦は「百合羊かん」です。
ちなみに私のベスト羊羹は
安宅屋(あたぎや)の羊羹です。
この羊羹の甘さが私のベストです。
Posted by F at 2007年01月17日 23:22
残念ながら高知市民ではないのですが、見れば見るほどうまそうです。
表面のてかり具合と断面のしっとり感がたまりません。色もいい。輪郭の半透明なグラデもいい。
機会があれば是非とも。
Posted by かたつむり at 2007年01月18日 00:46
実際綺麗でしたよ。
まさにその半透明感が。
百合羊かんがどんな色をしているかが
とても楽しみです。
Posted by F at 2007年01月18日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。