2005年11月16日

暖房器具。



寒い。寒いのに暖房器具がない。
とうとうふっくら邸に当初からあった火鉢に手を出してしまった。

昨日、ためしに火を起こしてみた。
作業机の側に置いてみた。
じんわりと火の暖かさを感じてなんだか気持ちがほっこりする。
ほんまもんの火というのは、どこか染みてくるような暖かさがある。

が、にわかに息苦しくなった。
まったくもって無知な私は、
初日、火鉢を玄関の外に追いやった。


炭に親しみがないので、
意味もなく一酸化炭素中毒を恐れる。

とはいえ、冷静になって考えると、一酸化炭素中毒のはずはない。
そうなら、苦しむことなく気持ちよく眠くなっていくはずなのだから。
(だからこそ炭と一緒に車に閉じこもる人がいるのだ)
おそらくは置きっぱなしにしていたときのホコリが燃えていたのだろう。


今晩も、懲りずに火を起こしてみた。
今日はそこまで苦しくない。
気持ち暖かい気もする。
でもやっぱりストーブがほしい。

posted by F at 20:39 | 高知 ☀ | Comment(11) | TrackBack(0) | ふっくら邸の日々

2005年11月09日

ふっくら邸の食卓。



ボラさんにさかなをもらいました。
(料理して塩までしてあるので焼くだけです。)

sakana01.jpg





ちょっとえらそう。

sakana04.jpg








<・・移動。>


ちょっと食べたところがみすぼらしかったので
大根おろしで隠してみました。

sakana03.jpg









でも結局は食べるのだ。

sakana02.jpg







さかなの食べ方には性格が出るとか。
posted by F at 20:18 | 高知 | Comment(4) | TrackBack(0) | ふっくら邸の日々

2005年11月08日

少しだけ瞑想のような夜。


おうちに帰るといつも音楽をかけるが
今日は静かなそのままにしておいた。

ふっくら邸は静かだ。
今も少しだけ虫の鳴き声がする。

ちょうど一年前の自分がたまに重なるのは
肌に触れる空気の質感がそのときに似てきたからだろう。
ちょうどこんな感じだ。

春は春で、こんなときがある。
季節がちょっとその個性を強めたとき
現れるのだろうか。

時間は確実に経っているのだなと思う。
特に執着もないが、少し懐かしい。





posted by F at 21:31 | 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふっくら邸の日々

2005年11月06日

芝居見物。


yashiro02.jpg 

今年も行ってきました、伊野「八代の奉納芝居」。
こんなにも活き活きと楽しめる芸能が今も残っているとは。


「八代の奉納芝居」とは、毎年11月5日八代地区のお神祭に合わせて演じられる地芝居。地芝居とは、素人さんが演じる歌舞伎のことだけども、その成り立ちや性質によって、農村歌舞伎とか奉納芝居とか呼ばれたりもする。ここの場合、その名のとおりお神祭でお芝居を「奉納」する(神様を楽します)ので、「奉納芝居」と呼ばれる。

高知県下には、昔たくさんの地芝居があったけど、今はたったの3箇所にまで減ってしまった。一つはこの「八代の奉納芝居」であり、一つは東津野に残る「高野の農村歌舞伎」、一つは我が赤岡の「土佐絵金歌舞伎」。とはいえ、途切れることなく続いているのは、おそらく「八代の奉納芝居」だけだろう。赤岡の「土佐絵金歌舞伎」は平成5年に生まれた新しい地芝居だし、「高野の農村歌舞伎」も一度途絶えた後昭和52年に復活したものだ。(厳密に言うと八代も対戦中は一時やまっていたらしいが・・)なので、より古いスタイルを垣間見ることができるのは、やっぱり「八代の奉納芝居」なのだ。多分。実際、ここにしかない芸能もあるし、他地域にある芸能でもここ独自のスタイルを確立している。

私は去年、修論の関係で、八代の奉納芝居に師匠の代からかかわっている義太夫の美園さん(赤岡の絵金歌舞伎でも義太夫を務める)にくっついて、八代の奉納芝居を練習から見学した。昨年は前日の宵宮から見たのだが、なにせ飲むために芝居をやるみたいなところ、車で来たくせにすすめられるまま役者を務める青年団の人たちと一緒に酒を飲んでしまい、その後の後始末でいろいろお世話をかけた(車のことでね)。
その一緒に飲んだ時間も芝居見物も含め、心底楽しめるとてもあり難いような時間を過ごしたので、なんだか懐かしい。


暗くなり、人も増えた。
yashiro.jpg


さて、今年の演目は
1、式三番叟
2、大黒踊り
3、歌舞伎(1)(子ども歌舞伎) 白浪五人男〜稲瀬川勢揃いの場
4、豊年踊り
5、エイサーとソーラン節(特別参加)(枝川小学校の児童による)
6、歌舞伎(2) 神霊 矢口の渡し

メインは歌舞伎で、歌舞伎の間に挟まってる演目が、幕間の余興である。
豊年踊りは結構昔から続いているようだが、エイサーなんかは確か2年ほど前に始まったとか言ってたか。


この最初に登場する「三番叟」というのは、歌舞伎を演じるときに決まって始まりに演じられる舞。たいてい3人の神が登場し、五穀豊穣を祈るというものなのだけど(赤岡も東津野もそう)、八代は1人で舞う。しかも楽器は太鼓だけ(他の地域はお三味線も浄瑠璃も入る)。なんともシンプルで厳かである。
美園さんの話によると、どうも昔はお三味も入っていたのじゃないかということだ。

「大黒踊り」は、一人の男性が床に拍子木を打ち鳴らしながら謡うのに合わせ、5人の青年が和傘をかざしながら踊る。これもまたシンプルだが、歌はさすが、独特の謡いまわしがある。この「大黒踊り」は、この地区にしかない芸能だ。

三番叟の話に戻ると、おそらくもっと地芝居が盛んだったころは、各地にそれぞれの色の出た三番叟が残ってだろう。昔は旅回りの役者さんもたくさんいたし、地元に振り付けのできる芝居好きのおんちゃん、おばちゃんもいた。だからそれぞれの地域の好みが色濃く出ても不思議はない。
が、今は振り付けができるのは一人のみ。この人は、幼い頃から少女歌舞伎で各地を回り、一時松竹にも雇われていた人で、彼女が振付ける三番叟も松竹で覚えたとかいう話である。この人が赤岡も東津野も振り付けをしているので、この二つの地芝居の三番叟は大体同じである。義太夫も同じ人が請け負っていたのを、今は美園さんが引き継いでいる。
伊野・八代の場合、振り付けに関しては、地元のおんちゃんで好きなのがいたらしく、ずっとその人が先頭切って振付けていた。その人が亡くなって後は、過去のビデオを見ながら練習しているらしい。ビデオに加え昔芝居をやっていた先輩たちもいる。まさに自己流、ビデオのコピー、コピーで、もちろん型は崩れていっているようだが、あくまで見本は地域の中にある。
ここが他の県下の地芝居と違うところだろうか。

でも、ここの地芝居が特に特徴的なのは、「頭屋・頭組」という地域コミュニティの仕組みが今なお色濃く残っているところ。なにせ多くの地域ではすでになくなってしまった「青年団」も残っているのだ。
「頭屋」というのは、祭りのいろいろを取り仕切る役目を持つおうちのことで、氏子圏を4つに分けた「頭組」という組から一戸ずつ選ばれる。その4人の頭屋の中で祭祀を勤める人が「頭がしら」と呼ばれる。つまりは、神事を中心に、お社を守るための当番制度みたいなもの。
八代地区はこの頭屋組織が今もほぼ保たれているというところで、民俗学的にもおもしろい地区のよう。青年団の人たちと話していても、頭屋組織の中の自分たちの位置づけや役割というものを、驚くほどに自覚している。この「八代の奉納芝居」についてもそうだ。ここの芝居は、頭屋組織に深く組み込まれた形で伝承されている。
「八代の奉納芝居」を担うのは、青年団の人たちである。この芝居の練習風景やそこで語ってくれる青年団の人の話を聞くとわかると思うが、この奉納芝居は極端に言えば、酒を飲む口実にやるようなもの。舞台の下では酒の肴に手羽先を焼きながら出番待ちの役者や先輩たちが酒を飲んでいる。舞台に上がっている役者も自分の台詞を言っては舞台を下りて酒を飲み、自分の出番になると慌てて上がるといった具合。
芝居をやりながら酒を飲み、酒を飲みながら語らう。芝居でも人生でも自分より先輩にあたる人たちと、そこで芝居のことも芝居以外のことも全部ひっくるめて語らう。多くの郷土芸能においてもそうだと思うけど、芝居は地域の人たち(青年たち)がコミュニティの繋がりを強める一つの仕掛けともいえる。芝居うんぬん以上に。
おもしろいのは、一番若手が団長を務め、その団長が三番叟を舞うということだ。つまり、自分より若手を引っ張ってこなければ、いつまでたっても自分が団長を務めることになる。うまいこと仕組まれたもんだ。

本当に素敵なことだ。こうして世代を超えて継がれていくということ。それはただの芸能の伝承ではなく、コミュニティそのものの伝承。常に自分がこの世界のどこにいるのかということを確認していく作業。コミュニティの崩壊と郷土芸能の消滅が同時に進行しつつある今の世で、それがただなくなっていっていいものでないことを、理屈でなく身体全体で感じさせられた夜。



子どもの「白浪五人男」
shiranami.jpg

posted by F at 00:24 | 高知 ☁ | Comment(3) | TrackBack(2) | お出かけ。

2005年11月01日

よしこさん作品集は続く。


よしこさんが冬仕様キューピーを持ってきてくれましたが、









キューピーが
ちょっとシュールな感じになりました。

kyupi.jpg







そしてちょっとアンニュイ。

kyupi2.jpg





冬仕様にしたため、もこもこ過ぎて地面に足がついていません。

参照>始まりはカブト。
posted by F at 11:09 | 高知 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 蔵の日々

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。